宿曜占星術|当たる電話占い口コミベスト5

当たる電話占い口コミ

「宿曜占星術」について

宿曜占星術という占いをご存知ですか?世にあるたくさんの占いの中でも聞き慣れない部類の占いかと思います。宿曜占星術とは占星術と名にある通り、有名な12星座占いなどと同じ星占いの一種です。12星座占いが生まれた日ごとに12の星座に分類するのと同じように、宿曜占星術では生年月日から27の宿(やど・しゅく)に分類して占います

宿曜占星術

宿曜占星術は正式には「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経(もんじゅしりぼさつしょせんしょせつきっきょうじじつぜんあくしゅくようきょう)」と言い、略して「宿曜経」と呼びます。これは759年にインド出身の僧、不空三蔵によって中国に伝えられ、その弟子がまとめ上げた経典で、その後中国宿曜道として発展していきました。

宿曜占星術を日本に広めたのは弘法大師こと空海です。入唐後日本に持ち帰ったことで広まりました。その後は当時政治の判断基準として重宝されていた「陰陽道」と人気を二分するまで人気を高め、その社会的地位を確立していきました。戦国時代になれば戦略的に敵を討つために武将たちの間でも利用されるようになりました。一説にはあの織田信長も敵対する武将との相性を占って戦いに趣いたという話もあります。しかし江戸時代になり、その的中率の高さから徳川幕府は宿曜占星術を封印してしまいました。再び宿曜占星術が世に解き放たれたのは明治時代。空海が開いた真言宗のごく一部の人々を通して秘伝として伝わり、近年になりようやく一般的に紹介されるようになってきました。

インドが発症の東洋の占星術、宿曜占星術。この占術で占えることは個人の性格・能力・社会性といったことです。しかしそれよりもさらに力を発揮するのが対人関係の相性と、日々の運勢の鑑定です。とくに相性に関する鑑定はほかの占術より突出した的中率を誇ります。宿曜占星術では「この人とは気が合うだろう」というフィーリング的な相性ではなく、はっきりとした力関係が現れるため、相性に対して曖昧な部分がなく、吉凶がはっきりと読み取れます。また、西洋占星術や四柱推命といった占術が太陽の運行を中心として人の表面や運勢の流れを読み取るのに対し、宿曜占星術は月の運行により内面的、感情的な運勢を読み取っていきます。そのため、ほかの占星術に比べ性格の深い部分を見るのに優れています。

とても的中率の高い宿曜占星術。電話占いで鑑定をお願いできる占い師の中にも扱える方はいらっしゃいます。自分の内面的なことや運勢などはもちろん、とくに相性を占いたい方におすすめの占術です。

占いの種類について

口コミで選ばれた当たる人気の電話占いサイト