スクライング|当たる電話占い口コミベスト5

当たる電話占い口コミ
  1. 当たる電話占い口コミBEST5
  2. 占いの種類一覧
  3. スクライング

「スクライング」について

占い師というとよく怪しい布を身に纏い、水晶玉に手をかざして見つめている……なんていう図をイメージしませんか?この水晶玉を見つめるというのは実際にある占術の一つで、「スクライング」といいます。スクライングの中でも水晶玉を用いたものを「クリスタルロマンシー」や「クリスタルゲイジング」とよび、日本語では「水晶占い」と表現されています。

占い師のイメージとしては水晶玉が多いですが、スクライングに用いる道具は必ずしも水晶玉とは限りません。ガラスや水を張ったコップ、鏡など、光を反射するものならなんでも利用できます。ガラスの表面を黒く塗ったスクライング・ミラーという道具もあります。

スクライング

このスクライングでは一体何を見ているのでしょうか。一般的なイメージとしては未来が見えたり、遠くにいる人の行動が見えたりというものですが、水晶玉に映るもの、見えるものは人によって異なり、10人いれば10通りの、100人いれば100通りのものが移ります。たとえばある人は水晶に具体的な映像を見て、ある人は抽象的な映像を見ます。また別の人は映像ではなく画像を見るかもしれませんし、数字や記号といったものを見るかもしれません。その見えたイメージから内容を分析し、結果や運勢を導き出すのがスクライングです。

占い師のイメージとして代表的な水晶占いですが、実際のところは使用している人はあまり多くありません。その理由として占いに利用する水晶玉が高価であるため、なかなか手が出ないというものがあります。水晶を溶かして練り固めた人工の水晶球なら数千円~数万円程度ですが、天然の水晶球となると大きさにもよりますが数十万から数百万円します。なかなか手の出せるものではなく、また浄化の作業も必要になるため、扱いに手間がかかります。さらには占い師自身の経験や直感力にも左右されるため、数ある占術の中でも難易度の高いものとされています。そのため日常的な鑑定に用いるという人は少ないようです。

しかしこのスクライング、ほかの占術に比べて幅広いことが占えます。スクライングには日本語で「遠くから見つける」という意味が有り、その通り遠くのものの映像を映し出すことが可能です。この遠くのものとは遠い場所という意味はもちろん、過去や未来、人の心の中までをも指し、様々な事柄を見て占うことができます。ほかにも霊とのコンタクトなども可能で、「これからどうすべきか」「この人は何を考えているのか」といったことが占えます。水晶占いやスクライングを使用できる占い師に出会ったら、一度利用してみてはいかがでしょうか。

占いの種類一覧

口コミで選ばれた当たる人気の電話占いサイト